読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム時々愚痴

最近ゲームを長くやる集中力が無く、クリア概念がないどうぶつの森や手軽に出来る暇つぶしアプリをやっているのがこのブログの運営者、時間が無い社会人向けのゲームアプリを面白可笑しく紹介していくでしょう。

クリアするのがダルすぎる!クリア目的が無いゲームが素敵な理由3選

 

どうもハクアです!

 

 

 

最近私のゲームの趣味がやりこみがあり、プレイ時間が長いゲームが最強→クリア概念が無い何をしても良いゲームが最強に変わっています。

 

 

 

このゲームの趣味が変わった理由は。

 

 

  • 社会人になって時間がなくなった
  • 学生の頃と比べると疲れやすくなった
  • そもそもやる気がない
  • 単純にゲームに飽きて来た
などがあります。
 
 
そこで今回は手軽にの素敵な所をまとめてみました。これを読んでくれれば手軽なあっさりしたゲームの良さを知って貰えますね。
 
 

プレイしてて疲れない

 
 
クリア概念が無いゲームと言うのはゲームのエンディングを見なきゃ!と言う謎の脅迫概念が全く無いので積みゲーが溜まって何とか減らさなきゃ!と言う事を感じないので精神的に楽です。
 
 
そもそもクリア概念が無いゲーム、どうぶつの森やマインクラフトなどは元々ゲームの中で決められた目的、魔王を倒して世界を救えなどの目的がないので、自分が満足したらそれで終わりなので、積みゲーを何とか減らそうとする様なゲーマーにはとても相性が良いはずです。
 
 
 

同じゲームがずっとやれるので経済的に楽

 
クリア概念が無いゲームと言うのは一回ハマると延々と同じゲームが出来る可能性があります。個人的にどうぶつの森は400時間くらいはずっとやっていましたね。自由気ままにプレイして良い気ままなゲームでここまで出来たのは正直私も驚いています。
 
 
ちなみに私の友人の話ですが、友人もどうぶつの森が好きで私より長い時間やっていたのですが、3DSのプレイ時間が分かる記録帳みたいのを見せてもらったら999時間で完全にカンストしていたのを覚えていますね。
 
 
私はこの記録を見た時目玉が飛び出そうな程、恐ろしいくらいに驚きましたね。「そもそもオンライゲームでもないのに1000時間以上も超出来るのかよ!!」とツッコミたくなる様な時間だったので今でもその事を細かく覚えています。
 
 
この様に1個でもハマりさえすれば友人の様に延々と同じゲームをやり続けられるので経済的にはかなり助かると思いますよ。ゲームの値段って結構高いんですよね。PS4のゲームなんて1本8000円を超える物なんて当たり前にあるので、これをやらないで積みゲーにしておくのは非常にもったいないです。
 
 
 

歳をとればとる程楽しい

 
 
自由に出来て目的がないゲームと言うのは子供からすると全く楽しさが分からないゲームだと思うんですよ。
 
 
私も昔は牧場物語、テラリア、マインクラフトの面白さが全く分からなかった。それこそゲームは目的があってこそゲーム、ただ単に目的が無いゲームはつまらない。
 
 
そんな風に思っていました。ですが大人と言うか私は現在21歳ですが、この歳になってからそういった目的の無いゲームの楽しさや楽しみ方が非常に分かるようになってきました。
 

 

最近はモンスターを狩るより、農場をしたい。レベルを上げるより釣りをしたい。と言った感じにのんびりライフを送るような全く戦わないし目的もなんも無い様なゲームが楽しいです。

 

 

 

恐らく歳をとって甘いものが食べれなくなったり、コーヒーが飲める様になるのと同じようにゲームの味覚も少しずつ変わってきたのが原因と言う風に考えています。

 

 

だから歳を重ねるにつれて戦って世界を平和にするゲームよりも自分の頭で考えて自由気ままに誰にも指図されない様なゲームをやった方が楽しめるんじゃないかと思っています。

 

 

まとめ

 

このブログでは社会人になって時間が無くなっている人の為のプレイ時間が短めのゲーム。

 

 

がっつりやるのは疲れるから手軽に簡単に出来るゲーム。

 

 

積みゲーを溜めない為のクリア概念が無いゲームをオススメしています。

 

 

 

 

たまには思考を変えてクリアが無いゲームと言うのをプレイして見ませんか?

 

 

 

少し物足りなさのあるテニスゲーム。「マリオテニスオープン」をレビューする

 

どうもハクアです!

 

 

最近は昔やったゲームのレビューが多い私です。ちなみに言うと最近はアプリをメインにやっているので据え置きのゲームをあまりやらなくなったのが原因ですね。

 

 

それでは今回のゲームのレビューに行きましょう。今回はマリオテニスオープンと言うと3DSのゲームのレビューをして行きます。

 

 

これは2年前くらいにやった記憶があるゲームだったなー!

 

 

続きを読む

前代未聞!敵の攻撃が全て避けれるRPG!「マリオ&ルイージRPG1」 レビュー

どうもハクアです

 

 

今回昔やったゲームの一つマリオ&ルイージRPG初代の感想を書いていきます

 

 

 

どんなゲーム?

 

 

 

 

このゲームはマリオ系のゲームにしては珍しいコマンドRPGになったゲームです。

 

 

マリオゲームではあまり見る事の出来ないレベルアップシステムやマリオとルイージの能力を自由自在に決めることができます。

 

体力が多いルイージを作る事もできますし、異常に防御力の高いマリオも作ることが出来ます。自分だけのオリジナルで育成出来るのでマリオが好きな人もRPGが好きな人もどちらでも楽しむ事が出来るかなり完成度の高いゲームです。

 

 

操作になれればノーダメージも可能!

 

f:id:hakua9:20170518201250j:plain

 

 

このゲームの最大の魅力と言えば敵の攻撃も避けれる所が最大の魅力だと言えます。普通のRPGだと相手のターンになると攻撃を自分で避けると言うことはまず出来ません。どんな攻撃だろうと 棒立ちで当たり前のように攻撃をくらいます。これはどのゲームでもある当たり前のルールです。

 

ですがこのゲームでは敵の攻撃だろうと何だろうと上手いことタイミングが合えばその攻撃をジャンプで避けたり、ハンマーではじき返したりすることも出来ます。

 

このある様でない画期的システムがこのゲームを最大限に面白くしたと言えるでしょう。敵の攻撃を上手く避けてそのターンをノーダメージで切り抜けた時の快感は他のゲームでは決して味わうことが出来ない楽しさです。

 

ただ避けられると言うことは逆に避けないと一瞬でボコボコにされる事もあるので気の抜けない戦いが続きますね。とくにボスとの戦いは難易度が高めで敵の攻撃が流星の様に降り続ける為いかに攻撃を上手く避けれるかが勝利の鍵をにぎることになります。

 

個人的な感想

 

このゲームはゲームボーイアトバンスで出てたゲームです。私が丁度小学生の頃に発売されてたげーむですね。

 

わたしは当時このゲームをやっていたのですが、あまりの難しさにクリアすることが出来ませんでした。まあ当時の私はゲームが上手い方ではなかったのでしょうがないですが、とりあえず子供向けの難易度ではありませんでした。

 

それほどまでにこのゲームはむずかしかった記憶があります。まあ中学生の時にもう一度チャレンジしたら呆気なくクリアしたのですがね。

 

先ほど敵の攻撃が避けれると言う事を言いました。避けられるのだったら簡単にクリア出来るんじゃないの?と思う人もいますよね?このゲームはそんなに甘くはないです。

 

最初は確かに敵の攻撃が避けられるのでほぼノーダメージでいけます。ですが後半になると制作者の悪意を感じられる攻撃が襲いかかります。

 

鳴り止まない攻撃の雨、イラっとしてしまう様なフェイント攻撃、レベルが低いと相手のターンしか来ないのでずっと敵の攻撃をサンドバックの様に受け続ければならない様になっています。

 

正直敵の攻撃がおかしいくらい来るので精神的に疲れて来ます(笑)

 

 

この様にかなりの難度のゲームですが、難易度の高いゲームをクリアした時の喜びは気持ちい物です。それにレベルを上げればボス戦も楽になる事も多いのでそこは任天堂の優しさを感じますね。

 

 

このブログのテーマに合っているか?

 

このブログのテーマは忙しい社会人向けのプレイ時間が短くてクリアできるゲーム、ゲームをプレイするのがだるいから気軽に遊べるゲームなどをオススメしています。

 

 

そしてこのゲームはそんな人たちにオススメするか、どうかを言うとあまりオススメ出来ません。このゲームは確かクリア時間が30時間程かかります。このブログではクリア時間が20時間を超えるとあまりオススメ出来ない様にしています。

 

 

しかも気軽にプレイすると言う点ではこのゲームは気軽に手軽にと言うとあまり気軽にプレイは出来ません。装備の編成、レベル上げの作業、敵の行動パターンの見極めなど以外と研究することが多いです。

 

気軽にできる?と言うと出来ませんね。

 

ですがそれを抜きにして評価するとこのゲームは非常に楽しいです。RPGの常識を超えた敵のターンでも動くことが出来るシステムやマリオファンもそうでない人も楽しめる完成度の高いクオリティ。

 

メチャクチャ楽しいです。もし気になったと言う人は現在バーチャルコンソールでプレイ出来るのでぜひやって見て下さい。

 

 

 

クリア後のEX章に注意?PSP用ソフトシンプルで奥深いアクション「那由多の軌跡」を語る

どうもハクアです

 

 

最近このブログの方向性が定まった来たと思い、ドンドン記事を増やしていこうと意気込んでいるハクアデス。

 

 

ちなみにこのブログの方向性は、ゲームのやる気がないけど、「ゲームがやりたい謎の病気にかかっている人」「社会人になってゲームのある時間がないから手軽にやれるゲームをやりたい人」「最近の時代はやっぱりアプリでしょう!」と言うアプリ好きの人の為にブログに方向性を定めます。

 

 

ちなみに今回紹介するゲームはそれとは全く関係ない昔やったソフトの感想だね。

 

 

そのゲームは大人気軌跡シリーズの新作のゲーム那由多の軌跡と言うゲームだ。今回はそのゲームの紹介をしていこう。

 

続きを読む

アプリでイベントを全力でやらなくなった2つの理由

 

どうもハクアです!!!

 

 

あなたはアプリのイベントは全力で追っている派ですか?私は昔アプリのイベントを全力で追っている派だったんですが、今ではすっかり追わなくなりました。前までは「全力でイベントをやってやったー1万位だふっふー!!」という事をやっていたのですが、今ではどのアプリをやっても全くやらない。

 

 

むしろ「イベント?だりー適当にやって適当に終わろう」くらいの勢いです。全く情熱がない、無気力症候群とはまさにこの事、昔の様に燃えるくらい情熱的に熱い思いでやっているのではなく、まるで北極の様に冷めた様子でイベントをやっているのが現在の私。

 

 

 

と言う訳で今回は何故私がアプリのイベントをやらなくなったのかを話していきたいと思います。

 

 

 

理由1:時間に縛られるのが嫌

 

 

個人的にこれが一番の理由だと思っています。

 

 

アプリの定番と言えばあの鬱陶しいスタミナシステムですね。一回曲をプレイするのにスタミナ25使うよ、と言ったり、一回ステージをプレイするたびにスタミナが10減るよなど、アプリでは課金させるためなどの基本的な手法として使われているのがスタミナシステム。

 

このスタミナは大半のアプリだと時間経過で回復する。平均的な時間だと3分間で1のスタミナが回復するくらいだろう。イベントを走るとなると1のスタミナも無駄にはしてはいけない。課金地獄にハマっている人はガンガンスタミナ回復アイテムを使ってイベントの上位に立つことが普通だからあまりスタミナの事は考えていないだろう。

 

 

だが問題はアプリの大半を占める無課金たちのことだ。無課金はとにかくお金を使わない、だからスタミナ回復のアイテムをまず買わないでイベントを走る事が前提だ。だからスタミナの回復時間には相当気を遣う。

 

 

3分で1回復だから次のスタミナMAXの時間は6時間後、と言う普段算数の計算をしない様な人が全力で時間計算をすることになるであろう、この問題。時間計算をしたら次はレベルアップまでの計算をしないといけない。

 

 

一般的にアプリと言うのはプレイヤーのレベルが上がったらスタミナが全部回復するのが普通だ。と言う事はレベルアップまでの計算とスタミナの回復時間を絶妙にコントロールしなくてはいけない。

 

 

このコントロールが非常にメンドクサく、常に頭の中でアプリ事で時間を取られないといけないから、正直ダルイ、イベント中は起きている時はずっと考えいないといけないからめんどくさすぎる。

 

しかも私は一時期やっていたが、寝ている時もアプリのスタミナの事を考えないといけない。5時間後にスタミナMAXだからこの時間に起きなければと言う事まで考えないといけない。そうすると時間が全てアプリの為にあるようなものだから体が壊れてしまう。私が一番嫌だったのはこの時間泥棒と言うのが原因だ。

 

 

 

理由2:終わった後の脱力感と絶望感がおかしい。

 

 

次の理由はイベントが終わった後に出来る光景だ。

 

 

アプリのイベントが終わった後は私の経験上まず来るのが謎の脱力感だ。終わった後はもちろん達成感もある。「どうだー無課金でこの順位まで行ったぞー!」と言う達成感だ。だがその後に脱力感の方が圧倒的に強く感じる。「あれ?なんでこんなに頑張ったんだっけ?」と言う自分こんなに時間を使って何してるの?と言う事を考えてしまった時の脱力感だ。

 

 

そうアプリで全力でイベントをやっていも結局手に入れたのはイベント限定ストーリー、イベント限定武器、イベント限定キャラ、そして少しの達成感だ。

 

 

キャラや武器が手に入るならいいじゃん!と思った人はいるだろうね。だけどよく考えて欲しい、イベント限定キャラや武器と言うのはそのイベントが終わると性能が普通であまり使わなくなる事が非常に多い。イベント限定で強いキャラもいるがイベントが終わったら普通の性能のコレクション用のキャラになる事が非常に多い。

 

 

だから結局残るのは少しの達成感と思い出だけしか残るのはない。

 

 

 

そして問題なのは次のイベントまでの期間がとんでもなく早い事だ。最近のアプリの傾向を見るとイベントが終わった1週間後にイベントをやると言う事が非常に多い。

 

 

イベントで上位をとって喜んでもまた次のイベントがすぐやるので、思いですらも一瞬でぶち壊されてしまう。私がイベントを無駄に追わなくなった理由の1つだ。

 

 

 

まとめ

 

結局のところ、私はアプリのイベントはやる気がないのでやらないと言う事だ。最近ではアプリは1時間やって楽しいなら続ける、楽しくないなら消すと言う事をしている。

 

良く〇時間やれば楽しいよ!と聞くアプリもあるが、ライトユーザーの私にとってはそんなにやらないと楽しくないならいいわ、となる。個人的にアプリは無料で出来るので軽くやって軽くやめると言う風にしているのでそこまでのめり込めない。

 

 

結局イベントは大好きなアプリであっても昔の全力でやっていた反動で今はもう全然出来ない。今後もイベントを追う事はないであろう。

そうだ!積みゲーを売ろう!と最近決意した話

 

 

どうもハクアです。

 

 

私は最近、据え置きのゲームと言うかゲーム自体をプレイしない日々が続いています。何と言うかゲームをやっていても正直2時間くらいプレイして「なんかもういいや」と言う感じで飽きてしまうんです。

 

 

時間を置けばまたプレイする事もあるんですが、それでも中々ゲーム機に手が出ない。アプリは暇つぶしにやっていてたまに当たりのアプリが出てくるからそれを集中的にやるって感じですね。

 

 

アプリは何故か続くんですよね・・・不思議だ。

 

 

 

最近はゲームを断捨離

 

 

それで私が個人的に溜まったゲームなんですが、その数は大体15本くらいあったような気がしますね。これだけ溜まっているともはややる気を一瞬で奪われるのでどっちにしてもやれないな(笑)

 

 

しかもその積みゲーの中には3年位前に買ったゲームもあるんですよ。閃の軌跡って言うゲームなんですが最初の章をクリアしてから手を触れていない(笑)

 

 

 

と言う訳でどうせこのまま残ってしまうなら売れば良いんじゃないかと言う最近考えがありますね。いつかやるからと言う考えで残しておくといつまでもやらないので無意味だなと最近感じ始めたので。

 

 

と言う訳で積んでいるゲームの中で確実にやらない物は、ブログにレビューだけ書いて売ってしまおうと言う事を私は考えました。そうすればゲームの断捨離も出来るし、ブログにネタにもなるので一石二鳥になります。

 

 

少ししか遊んでないのにレビュー書いて良いのか?と思う人もいるかもしれませんが、嘘は書いていないので何も問題ないです。レビューするゲームはタップリやりこまないといけないと言うルールも存在していないので何も間違ってはいないです。

 

 

まとめ

 

と言う訳で近いうちに積みゲー処分ブログを開始する可能性が高いので積みゲーが溜まって困っている人がいたら私のブログを見て一緒に積みゲーを処分して見て下さい。

ユニットを失うドキドキ感がたまらない!ファイアーエムブレム烈火の剣感想【ゲームレビュー】

 

どうもハクアです。

 

 

さて今回私が紹介したいゲームは最近人気が急上昇しているゲーム、「ファイアーエムブレム」シリーズの1つの作品だ。タイトルはファイアーエムブレム烈火の剣と言うタイトルだ。

 

 

このゲームの主人公の1人であるリンと言う少女は大人気格闘ゲーム、「スマッシュブラザーズ」にもアシストキャラとして出ているキャラだ。

 

 

そんな人気のあるゲームの感想を今日は言いたいと思う。

 

 

続きを読む