読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム時々愚痴

このブログはゲームの事を書くかもしれないしたまに仕事の愚痴を書くよ

あなたはエンディングまでたどり着けるか?ソコソコ鬼畜な3DSゲーム「新世界樹の迷宮2ファフニールの騎士」【ゲームレビュー】

ゲーム関連

 

どうもハクアです。

 

 

あなたは難易度が高いゲームをやりたいとは思っていないかな?ネットでは最近のゲームは難易度が低い、簡単すぎて歯ごたえが無いゲームばかりと良く言われているね。

 

 

 

そんなあなたに「新世界樹の迷宮ファフニールの騎士」と言う3DSのゲームを紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

どんなゲーム?

 

このゲームはDSのゲーム「世界樹の迷宮2」をオリジナルストーリーの追加、新マップの追加、敵の行動パターン変化と言ったオリジナルのゲームをリメイクしたゲームだね。

 

 

 

リメイクのゲームと言ってもこのシリーズから初めても全然話についていけるので置いてきぼりと言う事は全く無いので大丈夫!

 

 

 

ゲーム内容はドラクエ式のコマンドRPG、シンプルで奥深い戦闘が楽しめるのでかなり慣れるのが早いので溶け込みやすい仕組みになっています。

 

 

 

冒険の世界はどこまでも続く巨大な大樹「世界樹」を舞台に冒険します。このゲームの最大の特徴である地図を描きながら冒険を進めていく自作マッピングシステムもあります。

 

 

世界樹の広大なダンジョンを自分オリジナルの地図を作りながら歩きやすくするのも世界樹の迷宮の醍醐味です。

 

 

 

 

テンポが抜群

 

このゲームの特徴の1つであるずっと同じ街が拠点と言うのがあります。ずっと同じ街にいるので1つの目的を達成すると次の街に・・・と言うのがありません、これを聞くとワンパターンでつまらなくならない?と思う人もいるかもしれないけど、そんな事もありません。

 

 

同じ街にずっといるので体力が減って帰り、宿屋に泊まるまでが非常に早いです。しかも新たな街についたら大抵のRPGでやらなければならない事、色んな人に話を聞くと言う事もありません。ワールドマップでダンジョンや街を探す手間も省けるので、メンドクサガリの人にはもってこいです。

 

 

宿屋、道具や、酒場などこのゲームは1ボタンですぐに着くので総合的な意味でも非常にテンポが良いです。

 

 

愛着がわく色んなキャラ達

 

1つの拠点にいると街の人たちに段々と愛着がわいてきます。大半のRPGでは街がドンドン変わっていくので街の人1人1人の事はよく分かりません。

 

 

このゲームでは同じ街にいるので宿屋の女将、道具屋の女の子、定食屋の女店長など個性豊かな人たちの事を掘り下げています。

 

 

なので少しずつゲームを進めてくとその人たちの過去や今の心境など、思わずそのキャラに感情移入するイベントが盛り沢山。段々街の人たちの信頼と好感度が上がる過程が見えていくので楽しくなってきます。

 

 

 

 

超強い敵たちとの戦闘

 

このゲームを一番楽しめる所、それは強い敵との戦闘です。このゲームはとにかく敵が強い!普通は雑魚敵が弱く、ボスが強いと言うのがどのゲームの一般的な考えですが、このゲームは雑魚敵も強い!

 

 

攻撃力は油断したら2発くらいでやられてしまう様な馬鹿力のモンスターもいますし、状態異常をパーティー全体にかけて動けなくする敵もいます。

 

 

毒になったら体力の3分の2程持っていかれるアホみたいな猛毒を持っている敵も登場してくるね。

 

 

この様に雑魚敵にも全く容赦と言う言葉を知らないのがこのゲームだね。ボスももちろん強く並大抵の戦力では歯が立たないボスたちがテンコ盛りで心がボッキボキに折れてしまう事も多い。実際私も折れかけた事が何回あったか・・・(笑)

 

 

 

ぶっちゃけボスより雑魚敵の方が死んだ回数が多くなったとは言えない(笑)

 

 

 

私個人の感想

 

このゲームはリメイク作品だと言ったね、最近昔のゲームがリメイクされて出てくるのが多いよね。昔のゲームが綺麗な画質でやれるとかなり好評な事も多いリメイクだけど、その中には難易度が下がってつまらなくなったと言う意見もあります。

 

 

だけどこの世界樹のリメイクは全く難易度が下がっていなくて驚いたよ。敵の行動もリメイク前より強い行動をして来るようになったし、体力も圧倒的に多くなった。

 

 

しかも前の作品で楽勝に勝ててたボスに全く歯が立たなくなり、驚きの連続だったね。「おー前の作品で戦って弱かった奴じゃん!こいつなら楽勝だろー・・・え?強いww」なんて事も当たり前でした。それだけやりごたえがあったので嬉しかったですけどね。

 

 

 

世界樹の迷宮の特徴として主人公たちが全く喋らないと言うのが特徴です。これはプレイヤーを世界観に溶け込みやすくするためにだと私は思っています。

 

 

だけどこのリメイクの世界樹はオリジナルストーリーと言うのがあり、リメイク前の作品とは違い制作側が考えたキャラクターたちで話を進めてきます。オリジナルと違い1つのキャラクター達が動いていくので主人公たちが良く喋る。

 

 

主人公は喋らないと違和感がある私のとっては嬉しい事だったね。やっぱり主人公は喋って欲しい。

 

 

 

内容はリメイク前の作品に比べると正直別のゲームになっていると思いましたね。攻撃力もまるで違いますし、使用できるアイテムにも多少の変化があります。戦術もシステムが大きく変わった所もあり、前の作品で出来ていた戦術が通用しなくなる事が多かったですね。

 

 

だけどカッコよく盛り上がる音楽、可愛く親しみやすい女の子のデザインは昔のままで初期のファンも非常に楽しめます。

 

 

 

 

 

総合評価で言うと最高に楽しめる作品だったね。

 

 

 

まとめ

 

ゲーム好きをうならせる最高にバランスがとれたゲーム、心を真っ二つに折っていくゲーム、可愛いロリッ子をみて心が癒されるゲーム。

 

 

このゲームをまとめるとこんな事になりました・・・あれ?あんまり褒めてない(笑)

 

 

 

心を折られる準備は出来たか?