読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム時々愚痴

このブログはゲームの事を書くかもしれないしたまに仕事の愚痴を書くよ

最近はアプリで気軽にやる方が好きになってしまった3つの理由

どうもハクアです!!

 

 

最近のゲームの傾向と言えばアプリゲームが主流ですね。前からグリーやモバゲー何かで遊べるポチポチゲーム、いわゆるボタンをポチポチしかやらないゲームが物凄く流行りだしてきて、そこからスマホで気軽に遊べる、パズドラやモンスト何かが爆発的な人気を持ちました。

 

 

 

私は最初アプリゲーム何かは嫌いでした。理由は金を出さないとクリアできないステージがあったり、時間が経過しないとスタミナが回復しない為続きがプレイできないなど言って行ったらきりがないくらいあります。

 

 

 

ですが最近はこの傾向は全くなくなり、むしろ3DSPS4などのゲームの方がやらない様になっていきました。

 

 

イヤー人間ってアンナに毛嫌いしていたものに簡単に寝返ってしまうと言う事を自ら体験できるとは思ってもいなかったよ。

 

 

 

 

手軽に出来るのが魅力的

 

 

f:id:hakua9:20161229003426j:plain

 

 

やはりこれが一番だね。ゲーム機は外に持って行っても私はやらない事が多い。理由としては出すのが面倒、待ち時間が短すぎて結局何も出来ないなどありますが、私が一番主張したいのは外でやるのが恥ずかしすぎると言う事。

 

 

 

何だろうね、ゲームは子供がやるもの大人がやったら恥ずかしいと言う日本の風習が私には根付いているようで、外でゲームをやる事に抵抗感がある。外でやっていたら私の勘違いだろうけど、人の視線を感じる場合がある。

 

 

 

そう何か変わった事をしているなあと言う視線が私に突き刺さってくるのでやれない。

 

 

 

だがスマホのアプリなら別だ。あれも一応ゲームなんだが基本的にスマホでしか出来ない。日本人はスマホが大好きな人種なので基本的に駅の待ち時間、信号の待ち時間なんかは皆スマホをいじっている。

 

 

 

しかもパズドラやモンストは大人も子供やっている老若男女問わずやっているものだ。会社の飲み会で私の勤めている会社のお得意さんの社長が参加した事がある。

 

 

その時私の運が悪かったのか、一時的に飲み会で隣になった事がある。そこで色々話を聞ければいい経験が出来たのだが、残念ながら私にはそこまでのコミュニケーション能力が無い。

 

 

黙っているとその人が「スマホで何かアプリやってる?」と話しかけて来た。とっさに私は「はい色々やっていますよ」と答え「俺パズドラやっているんだけど君はやっているかな?」と聞いてきた。ちなみに私はパズドラではなく白猫派だったのでやっていないと素直に答えた。

 

 

今の体験談から思ったのは会社の社長もハマっている程大人も子供関係なくアプリと言うのは広まっている。と言う事はどの年代の人がアプリをやろうと恥ずかしくなく堂々と出来ると言う事だ。

 

 

 

 

 

時間をかけずに強くなれる点

 

 

今のゲームもソコソコ時間をかけずに強くなれるのは否定できないが、アプリゲームはもっと時間をかけずに強くなれるのが魅力的だと思う。

 

 

 

アプリゲームでは基本的にキャラクターのレベルアップなどは経験値クエスト、または経験値が大量に手に入るアイテムを使う、クエストに行くなどすればあっという間にレベルがカンストする。

 

 

話は変わるが、どこかの誰かが言った言葉だが「ゲームはキャバクラ」と言う言葉を誰かが言っていたような気がする。ゲームは快感をえる事が目的とされる娯楽だ。お金を払い、機械の中でキャバクラの様な接待を受けさせてくれるから辞められないみたいな事だったかな?

 

 

 

何が言いたいかと言うとアプリでは金さえ払えば強いキャラクターなんていくらでも手に入る。金さえ払えば延々とプレイが出来る。しかもそれは時間をかけることなく一瞬で行える。

 

 

私がアプリゲームをハマった理由はそれだ。据え置きのゲームでは30時間以上時間をかけないと到達できない強さがアプリゲームだとほんの2時間程で手に入る。私は最近クリアするのに50時間以上かかるゲームはやっていてめんどくさくなってくるので、アプリゲームと言う手軽な方をやっている。

 

 

 

 

クリアと言う概念が無いから良い

 

 

大抵の据え置くゲームはゲームクリアと言う魔王を倒したりすると終わると言う事がある。まあ一部の自由にやっていい、マイクラなどのゲームは無視しよう。

 

 

 

私の場合はゲームを楽しんでると言う事は最近無くなり、ゲームをクリアすると言う目的でゲームをしている。この違いは分かるかな?

 

 

 

ようするに私はゲームを心の底から楽しめなくなり、ただ何となくクリアすると言う事でやっている。そうなってくると正直プレイしていてかなりめんどくさくなってくる。

 

 

 

最初は楽しいと思うよ、だけど物語の中盤になると戦闘やクエストに行くのもマンネリ化していき、結局クリアが目的となり、ゲームを辞めてしまう事が最近の私だ。

 

 

 

アプリゲームだとまず物語が終わらないと言うアプリがほとんどだ。最近のアプリゲームで多いのはとにかくイベントを開催して、強い敵を出し、新しいキャラや武器などをガチャで出す。その繰り返しと言うのが最近多い。

 

 

 

そのせいかメインストーリの方が完全に放置で、3か月に1回メインストーリーを追加する。だけど追加したのは2話だけと言う所が多いのが私の印象だ。

 

 

 

その為アプリゲームではクリア、と言うか物語が完結すると言う事はあまりない、クリアと言う概念がまずないからやる時は非常に気楽だ。クリアと言う呪縛がなくなり、気軽にいつ辞めても良い、だって無料だから損もしない。

 

 

これが私がアプリゲームにハマってしまった理由の1つだ。

 

 

 

まとめ

 

こうアプリゲームしかやらないみたいな事を書いたが、据え置きゲームでも、リズムゲームとか、どうぶつの森とかのいつやっても辞めても良いゲームあるので最近はそっちをやっている事もある。