読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム時々愚痴

最近ゲームを長くやる集中力が無く、クリア概念がないどうぶつの森や手軽に出来る暇つぶしアプリをやっているのがこのブログの運営者、時間が無い社会人向けのゲームアプリを面白可笑しく紹介していくでしょう。

アプリでイベントを全力でやらなくなった2つの理由

 

どうもハクアです!!!

 

 

あなたはアプリのイベントは全力で追っている派ですか?私は昔アプリのイベントを全力で追っている派だったんですが、今ではすっかり追わなくなりました。前までは「全力でイベントをやってやったー1万位だふっふー!!」という事をやっていたのですが、今ではどのアプリをやっても全くやらない。

 

 

むしろ「イベント?だりー適当にやって適当に終わろう」くらいの勢いです。全く情熱がない、無気力症候群とはまさにこの事、昔の様に燃えるくらい情熱的に熱い思いでやっているのではなく、まるで北極の様に冷めた様子でイベントをやっているのが現在の私。

 

 

 

と言う訳で今回は何故私がアプリのイベントをやらなくなったのかを話していきたいと思います。

 

 

 

理由1:時間に縛られるのが嫌

 

 

個人的にこれが一番の理由だと思っています。

 

 

アプリの定番と言えばあの鬱陶しいスタミナシステムですね。一回曲をプレイするのにスタミナ25使うよ、と言ったり、一回ステージをプレイするたびにスタミナが10減るよなど、アプリでは課金させるためなどの基本的な手法として使われているのがスタミナシステム。

 

このスタミナは大半のアプリだと時間経過で回復する。平均的な時間だと3分間で1のスタミナが回復するくらいだろう。イベントを走るとなると1のスタミナも無駄にはしてはいけない。課金地獄にハマっている人はガンガンスタミナ回復アイテムを使ってイベントの上位に立つことが普通だからあまりスタミナの事は考えていないだろう。

 

 

だが問題はアプリの大半を占める無課金たちのことだ。無課金はとにかくお金を使わない、だからスタミナ回復のアイテムをまず買わないでイベントを走る事が前提だ。だからスタミナの回復時間には相当気を遣う。

 

 

3分で1回復だから次のスタミナMAXの時間は6時間後、と言う普段算数の計算をしない様な人が全力で時間計算をすることになるであろう、この問題。時間計算をしたら次はレベルアップまでの計算をしないといけない。

 

 

一般的にアプリと言うのはプレイヤーのレベルが上がったらスタミナが全部回復するのが普通だ。と言う事はレベルアップまでの計算とスタミナの回復時間を絶妙にコントロールしなくてはいけない。

 

 

このコントロールが非常にメンドクサく、常に頭の中でアプリ事で時間を取られないといけないから、正直ダルイ、イベント中は起きている時はずっと考えいないといけないからめんどくさすぎる。

 

しかも私は一時期やっていたが、寝ている時もアプリのスタミナの事を考えないといけない。5時間後にスタミナMAXだからこの時間に起きなければと言う事まで考えないといけない。そうすると時間が全てアプリの為にあるようなものだから体が壊れてしまう。私が一番嫌だったのはこの時間泥棒と言うのが原因だ。

 

 

 

理由2:終わった後の脱力感と絶望感がおかしい。

 

 

次の理由はイベントが終わった後に出来る光景だ。

 

 

アプリのイベントが終わった後は私の経験上まず来るのが謎の脱力感だ。終わった後はもちろん達成感もある。「どうだー無課金でこの順位まで行ったぞー!」と言う達成感だ。だがその後に脱力感の方が圧倒的に強く感じる。「あれ?なんでこんなに頑張ったんだっけ?」と言う自分こんなに時間を使って何してるの?と言う事を考えてしまった時の脱力感だ。

 

 

そうアプリで全力でイベントをやっていも結局手に入れたのはイベント限定ストーリー、イベント限定武器、イベント限定キャラ、そして少しの達成感だ。

 

 

キャラや武器が手に入るならいいじゃん!と思った人はいるだろうね。だけどよく考えて欲しい、イベント限定キャラや武器と言うのはそのイベントが終わると性能が普通であまり使わなくなる事が非常に多い。イベント限定で強いキャラもいるがイベントが終わったら普通の性能のコレクション用のキャラになる事が非常に多い。

 

 

だから結局残るのは少しの達成感と思い出だけしか残るのはない。

 

 

 

そして問題なのは次のイベントまでの期間がとんでもなく早い事だ。最近のアプリの傾向を見るとイベントが終わった1週間後にイベントをやると言う事が非常に多い。

 

 

イベントで上位をとって喜んでもまた次のイベントがすぐやるので、思いですらも一瞬でぶち壊されてしまう。私がイベントを無駄に追わなくなった理由の1つだ。

 

 

 

まとめ

 

結局のところ、私はアプリのイベントはやる気がないのでやらないと言う事だ。最近ではアプリは1時間やって楽しいなら続ける、楽しくないなら消すと言う事をしている。

 

良く〇時間やれば楽しいよ!と聞くアプリもあるが、ライトユーザーの私にとってはそんなにやらないと楽しくないならいいわ、となる。個人的にアプリは無料で出来るので軽くやって軽くやめると言う風にしているのでそこまでのめり込めない。

 

 

結局イベントは大好きなアプリであっても昔の全力でやっていた反動で今はもう全然出来ない。今後もイベントを追う事はないであろう。